日本ゲージに関する基本データを掲載しています。
沿革
昭和30年
ゲージ及び治具類の製造販売を目的として会社を設立する。
代表者に浅田真弘就任
昭和32年
資本金200万円にて株式会社とする。
昭和40年
電気マイクロメーター、空気マイクロメーターを開発。
これを応用した自動計測装置の開発に着手
昭和43年
モーター関係の自動機を開発、生産販売を開始。
昭和45年
工業用ロボット(マニフィック)を開発
昭和51年
シャフト曲がり矯正機(レクタス)を開発、販売を開始
昭和54年
コンピュータ応用システムの開発に着手
昭和59年
汎用計測コンピュータ「Jcom」シリーズを開発
昭和60年
カム形状測定機を開発
昭和61年
業務拡張に伴い本社工場を新築
昭和63年
計測ロボット(トリボ)を開発、その年の展示会に出品
平成4年
浜松営業所を開設
平成9年
名古屋営業所を開設
平成16年
大阪営業所を開設
平成18年
隣接地を購入し、工場棟を新築
平成22年
環境マネジメントシステムISO14001を取得
平成23年
JGC(THAILAND)CO.,LTD設立
平成24年
品質マネジメントシステムISO9001を取得
平成27年
JAPAN GAUGE INDIA PVT. LTD. 設立


ページトップへ